icon

アニティデザイン ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

ポーダブルトイレを移乗台で囲み、座敷トイレをつくる(2)

〈9371〉

お座敷トイレにするためには、広いスペースが必要となるので、賃貸マンションでは実現できません。ですが、この住まいてさんにとって、お座敷トイレは必須でした。そこで、ポーダブルトイレを移乗台で囲み、北側の納戸全体を、お座敷トイレとすることになりました。

ポーダブルトイレを移乗台で囲み、座敷トイレをつくる(2)

賃貸マンションのマンションリフォームです。ポーダブルトイレを、移乗台で囲みしました( 2019.12.27)

2019.12.28

ポーダブルトイレを移乗台で囲み、座敷トイレをつくる (2)

納戸の窓側の位置にポーダブルトイレを置き、移乗台で囲みました。車いすで近づく所は、台に切り欠きをつくり、車いすのフットレストが、ぶつからない様にしました。

ポーダブルトイレを移乗台で囲み、座敷トイレをつくる (2)

移乗台と車いすとに隙間ができてしまうと、オシリが落ちてしまいます。切り欠きの役割は、車いすのフレームがぶつからない様にするためです。移乗台と車いす座面をピタリと付けられるので、隙間ができません。

ポーダブルトイレを移乗台で囲み、座敷トイレをつくる (2)

パナソニックの、家具調トイレ<座楽>シャワポットです。シャワポットは、「ベーシック」と「ひじ掛け昇降」とがありますが、このトイレでは、「ひじ掛け昇降」を選びました。それを選んだ理由は、ひじ掛けを取り外して使いたいからです。ひじ掛けがあると、体を便座まで引き寄せる時に邪魔になるからです。

ポーダブルトイレを移乗台で囲み、座敷トイレをつくる (2)

便座の上に、「やわらか便座」を置いています。1時間ほど座ることになるので、オシリにやさしくするためです。便器の曲線に合わせた移乗台を、便器の左右に設置します。

ポーダブルトイレを移乗台で囲み、座敷トイレをつくる (2)

このトイレには、温水洗浄、温風乾燥などの機能がついています。温水洗浄は洗浄するだけでなく、オシリに刺激を与えるので、出やすくなるそうです。使用する前には、バケツの中にマットなどを敷き、飛散しない様にします。

ポーダブルトイレを移乗台で囲み、座敷トイレをつくる (2)

この移乗台の奥行きは130cmで、その振り分けは、ポーダブルトイレの中心から窓側へ56cm、手前に74cmです。手前側に74cmよりも長くし、移乗台の対角線を長くした方がよかったようです。というのも、移乗台を斜め(足を左上に頭を右下)に横になった時に、この長さでは少し足りなかったのです。

ポーダブルトイレを移乗台で囲み、座敷トイレをつくる (2)

このお住まいのトイレは、ポーダブルトイレを移乗台で囲んだだけの簡単な改修にしました。賃貸マンションなので、将来退去する際の現状復帰しやすさを優先しました。

https://anity.ootaki.info/9371/

アニティデザイン