icon

アニティデザイン ↘

ハッシュタグ ↘

最近の投稿 ↘

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

〈9346〉

2.5帖の限られたキッチンスペースを、如何に効率的にできるかを考えた、造り付け食器棚です。この食器棚は冷蔵庫置き場を兼ね、キッチンと居間兼寝室とを間仕切る、壁としての役割をも兼ねさせました。

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

2.5帖のキッチンに作った、両面使いの造り付け食器棚です。圧迫感が出ないように、壁と同色のホワイトにしました( 2020.04.25)

2020.04.26

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

このキッチンは、3面を耐力壁に囲われているため、2.5帖のスペースになりました。間口 201cmのシステムキッチンの背面には、食器棚や冷蔵庫を置くスペースは残りませんでした。

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

当初、食器棚は、システムキッチンと同じメーカー製のものにする予定でしたが、このキッチンを効率よく使うことができず、造り付け家具として製作することになりました。

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

シンク前の壁に埋め込み棚を取り付け、システムキッチンとL字となるように、食器棚を取り付けました。

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

食器棚の取り付け位置の上部には「構造垂れ壁」があり、高さの制限もありました。食器棚の高さは185cm、間口は120cm、奥行きは57cmです。左側は上から、開き扉のつり戸棚、中段はレンジ置き場、下段にはスライド棚と引き出しが 4段です。右側は可動棚と冷蔵庫スペースになっています。

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

スライド棚には、レンジから取り出したものを、いったん置くことができます。

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

4段ある引き出しの最上段は、高さを 8cmと浅くし、箸やスプーン類を収納します。

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

その下の引き出しの高さは、 2段目は 12cm、3段目と 4段目は 20cmになりました。

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

引き出しの幅は 60cmと広いので、指先だけの力では重たく感じてしまうかもしれません。奥行きのあるハンドルにしたので、指先だけでなく、手のひら全体で開け閉めできるようにしました。

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

この食器棚は両面使いで、キッチンの裏面は居間兼寝室になっていて、間仕切り壁の役割も持ちます。通常は間仕切りには壁を造るのですが、限られたスペースでは、壁の厚ささえ惜しくなってしまいます。

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

とはいえ、食器棚の立体としての存在感が大きすぎると、圧迫感が出てしまうので、壁と同色のホワイトにして、ベッドから見た時には、食器棚に感じさせないようにしました。

「兼ねること」でコンパクトに(2)両面使いの食器棚

ベッドの枕元には、お気に入りのものを飾ることができる、床の間のような飾り棚も作りました。この造り付け家具は、食器棚としての機能と、ほっとする暖かさをも兼ねることができました。

https://anity.ootaki.info/9346/

アニティデザイン