icon

大滝建築事務所 ↘

大瀧雅寛 ↘

最近の投稿 ↘

入浴台は水平にこだわらない、移乗しやすさを優先し5cmの傾斜を付ける

〈9292〉

「浴槽には入らずシャワー浴だけでいいので、脚を伸ばしてゆったりと入浴したい」とのご要望で、浴槽の上にまで入浴台を広く設置した浴室です。設置した後に住まいてさんから、「入浴台の高さが車いすの座面よりも高いので、移乗する洗面室側の入浴台だけでも、低くできないか」とのご依頼がありました。

入浴台は水平にこだわらない、移乗しやすさを優先し5cmの傾斜を付ける

浴槽上に入浴台を設置するためにはフレームを組む必要があり、 洗い場の床面からの高さは、54cmになってしまいました。車いすの座面の高さまで低くなる工夫をしました( 2020.08.22)

2021.08.22

入浴台は水平にこだわらない、移乗しやすさを優先し5cmの傾斜を付ける

入浴台は水平にこだわらない、移乗しやすさを優先し5cmの傾斜を付ける

洗い場の床面からの高さは、54cmになってしまいました。住まいてさんの車いすの座面の高さは49cm、5cmの差がでてしまい、この5cmにより移乗がしにくいとのことでした。

入浴台は水平にこだわらない、移乗しやすさを優先し5cmの傾斜を付ける

洗い場の入浴台から、欠き込みのある洗面室側の入浴台に掛けて、高さを下げることなりました。j大掛かりに入浴台を作り直さずに、簡単に対応できないか考えました。

入浴台は水平にこだわらない、移乗しやすさを優先し5cmの傾斜を付ける

アジャスターを目一杯下げても 5cmは下げきれず、薄型のジャスターに交換することにより、どうにか下げられました。

入浴台は水平にこだわらない、移乗しやすさを優先し5cmの傾斜を付ける

洗面室の車いすから移乗する時には、4cmの登り坂となるのですが、「この方向であれば、力が入りやすいので問題ない」そうです。シャワーの水が洗面室に流れそうですが、入浴台の隙間により、水切りができるそうです。

https://anity.ootaki.info/9292/