icon

大滝建築事務所 ↘

大瀧雅寛 ↘

最近の投稿 ↘

車いす前輪がぶつからないようにトイレ台を修正

〈9290〉

この跳ね上げ式トイレ台を住まいてさんが使い始めたところ、修正依頼をいただきました。床から立ち上がる側板に、車いすの前輪(キャスター)がぶつかってしまうので、そこをカットしてもらいたいとのことでした。

車いす前輪がぶつからないようにトイレ台を修正

洗面室を兼ねた 2帖のトイレに、跳ね上げ式トイレ台を設置し、住まいてさんが使い始めたところ、使いにくい部分を修正しました( 2021.08.26)

2021.08.26

「車いす前輪がぶつからないようにトイレ台を修正

便器に車いすで横付けができ、お座敷トイレとしても利用できる、「跳ね上げ式トイレ台」です。便器を取り巻くようにトイレ台を作り、欠き込みがある跳ね上げ板が跳ね上がります。

「車いす前輪がぶつからないようにトイレ台を修正

跳ね上げると車いすで便器に横付けできます。車いすのハンドリムがぶつからないように、便器の先端から便器脇の台を、10cm後退させました。

「車いす前輪がぶつからないようにトイレ台を修正

制作時には気が付かなかったのですが、ちょうど緑のテープを貼った部分に、車いすの前輪が反転する際に、コツンとぶつかってしまうのだそうです。

「車いす前輪がぶつからないようにトイレ台を修正

そこでトイレ台を一旦分解し、カットしました。このようなことも想定していたので、トイレ台は分解できるように、ボンドを使用せずにビス止めにしておきました。

「車いす前輪がぶつからないようにトイレ台を修正

このような僅かなことでも、ストレスになってしまいます。簡単な補修で、住まいてさんが使いやすくなってよかったです。

https://anity.ootaki.info/9290/